綺麗なんだけれど


温暖化の影響か、秋と春がなくなってきている、という話しを良く聞きますが、写真を撮る趣味人の一人としても同じようなことを感じます。

半袖で夏日を恨めしく思ったのはつい一月ほど前のこと。そこから息をつく日まもなく最低気温が一桁の日が続き、なんとなく体調も崩しがちになってしまいました。夏から冬、一気に駆け抜けてしまったこの1ヶ月という気がします。

ホームグラウンド(ホントにグラウンド)の永山公園も少しいつもと様子が違うようです。この11月の2週目~3週目にかけてはここの銀杏とモミジの黄葉・紅葉が本当に素晴らしい色彩を魅せてくれますが、今年はさらに「緑」が加わっています。

真っ赤に紅葉したモミジの隣の樹は青々としていたりして、それはそれでとても綺麗なのですがこんな風景は写真を初めてここに通うようになって初めての光景。黄色・深紅・緑、そして空の青。なかなかこんな光景は見られないなあと写真趣味人としてはとても面白いと思う反面、年を追う毎に変になっていく「季節感」にちょっと心配をするこのごろです。

そんなことを思いながら、今年の「ピーク」は来週末かなあとそれはそれで楽しみにしているのですが。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright TAKENORI 2016-2019 All rights reserved

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle