SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art


EOS 5D Mark3 / SIGMA 85mm F1.4 DG HSM / F1.4 / ±0.0EV / ISO1600 / RAW

買っちゃいました、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art。 5D4のために貯金していたのですが、やはりどうにもこうにも食指が伸びず、加えて同じ頃に発表されたこの新型SIGMA 85mm F1.4が気になって気になってしょうがありませんでした。

そして、11月の発売以来、少しずつweb上に実写レポートが載るにつれ「この冬はこれしかない!」とカメラ屋に駆け込んだ次第です。

レンズは発売後1年以上経ってから、出来れば状態の良い中古!と決めている私にしては、超珍しい「発売されたてほやほや」での購入となりました。というか、今までとっかえひっかえ30本以上レンズを購入してきましたが、発売1年以内に新品購入したのはこのレンズが初めてかもしれません(^-^;

本来は「material」のコーナーにて使用感などをレビューしたいところですが(もちろん使い倒す気満々ではありますが)、いかんせん忙しい年末が故なかなか画を撮りに行くことができません。ちょっと悶々とする日々です。

そんなわけで、画としてのレビューは後回しにして、外観まわりを一通りざっと見渡してみました。

まず思うのは、上の写真を見ての通り「でかっ」というのが全て。 2/3段しか明るさの違わないEF85mm F1.8 USMが冗談のように小さく見えます。このレンズとて、持ち出すことの多いEF50mm F1.4 USMと比較すると一回り大きく、それなりに「存在感」を感じるレンズなので、以下にSIGMA 85mmが大きいかよく分かります。

EF85mm F1.2L(初代)やEF50mm F1.0Lなども触る機会も多いのですが、明らかにサイズ感はそれより大きく、持ち運びには一苦労二苦労ありそうな予感です(実際にフィルター径も86mmと我が家最大で、フィルターを購入するに当たり財布にそれなりのダメージを与えて戴きました(^-^;)。

ただ、レンズ先端の圧倒的なボリューム感と比較するとレンズマウント側になればなるほど細くなる鏡胴で距離指標の辺りについては常用している35mm F1.4Artと大差ない太さでとてもホールドしやすいです。加えてサイズとしてのボリュームと比較すると感じる「軽さ」があります。実測で1kgを超えるレンズに軽いも何もあったもんじゃありませんが、そう感じるのも事実なのでカメラ(5D3+バッテリーグリップ)とのバランスがきっと良いのでしょう(逆に、ずっとコンパクトなEF14mm F2.8なんかは、ものすごい「重さ」を感じます)。

アルミトランクのスキマに放り込んで、とは全然行かなさそうなレンズではありますが、持ち出す楽しさを感じられそうな予感となりました。屋外での写真もレビューに使えるものが撮れましたらmaterialコーナーでご紹介したいと思います(^o^)

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright TAKENORI 2016-2019 All rights reserved

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle